2015年2月アーカイブ

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)バブル

ビットコインウォレットの作成 ビットコインを利用するには、まずウォレットの作成が必要です。

ビットコインには性質上、銀行の存在が無いため、保管、管理は個人の責任となります。

それかこの通貨を使わないと逮捕します、または殺します」っていうことがビットコインには出来ない。

あと発掘量が頭打ちになったときに一番優秀なコンピューターを持つ人間がビットコインを大量に保有したらその人間がビットコインの支配者になって なんと様子見 昨日は225$前後の小幅な値動きで、現在226$。

現在の動きは下値200$、上値250$のレンジで三角保ち合いを形成中と考えられ、しばらくボラテリティは低下にともない、値動きも小幅なものになっていこう。

相場は煮詰まり始めて ビットコインに関することを気軽に情報交換できる匿名チャットを公開いたしました。

ビットコインユーザー同士で、自由に、気軽に、情報交換できます。

匿名なので、プレイバシーを気にする必要もありません。

ビットコインといえば、なんと本記事はYコンビネータのダルトン・コールドウェル氏のブログにポストされた「Bitcoin adoption in.

LINEの送金・決済サービスの名称は?

その頃より2年ほど経ったのですが、現在のスマートフォン決済がどうなっているのか、良さそうなスマートフォンでのクレジットカード決済サービスで再度比較してみました。

※この比較は、2014年12月15日、2015年1月31日に作成されました。

そしてLINE社とみずほ銀行が提携して年内にも開始すると発表された. LINE利用の決済サービスで顧客に損害が生じた場合、 補償の主体はみずほ銀行ではなくLINE社になる、との見解がみずほフィナンシャルグループ(FG)より出された。

この見解 それか予約台帳アプリを提供するトレタが、アイリッジが企画・開発を手がけるスマートフォン簡単決済サービス「シーレス(C-less)」と連携し、予約機能を提供すると発表した。

「シーレス(C-less)」にはトレタのほか、クレディセゾン、ベリトランスが連携。

大日本印刷と日本ユニシス多様なキャッシュレス決済を実現する「国際ブランドプリペイド」の決済プラットフォームサービスを提供 〜 国内初、発行・決済システム構築からカード製造、業務受託、マーケティングまでのワンストップサービス 〜 決済サービスだと言っていた。そしてS-MAX(エスマックス) - スマートフォンとモバイルを活用するブログメディア : LINEの送金・決済サービス「LINE Pay」に登録すると最大100コインがプレゼント!もらったコインでLINEスタンプが2個買えるーーすでに登録している人も対象.

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。