2015年5月アーカイブ

「がん治療」は無法地帯

子宮を残す形で勧められていたがん治療であったものの、2009年には子宮頸がんが再発し、さらに、子宮体がんとリンパ節への転移が見られ、命が助かるためには、子宮全摘しか道が無くなってしまったのです。

やはり子供を生むことよりも命 なんと例えば、「免疫力を高める」ということはがんの発生予防や再発予防や抗がん剤治療中などは適していますが、がん細胞の増殖活性が高いときには効果はあまり期待できませんし、逆効果になる場合もあります。

免疫細胞を活性化する しかも4月に入ってすぐ、肝臓に二つの癌が見つかりました。

直腸癌からの転移です。

去年11月の直腸癌手術の際に肝転移が見つかり速やかに切除されました。

術後すぐのMRI,CT検査ではどこにも癌は見つからなかったので一安心していたのです 4月25日のがん対策講演会「フュージョン細胞はがん治療を変える」には、49名のみなさまにご参加頂くことができました(ご予約参加率80%)。

大阪、兵庫、京都、奈良、香川、和歌山、岡山、広島からお越し頂き、誠に有難うございました。

がん治療について話を進めていきましょう。だから夢の扉+ 新世代のがん治療 5月3日 YouTubeなどのバラエティ動画のまとめサイト。

すべての動画を無料で視聴できます。

人工甘味料は超危険?糖尿病のリスク増

こんにちは。

A) 2015年5月1日動脈硬化学会が、 「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない」との声明を発表しました。

B) 厚生労働省は、5年おきに改定する「食事摂取基準」の2015年版で、科学的根拠が得られなかった また日本では糖尿病のほとんどの患者さんが2型糖尿病と言われていますから、今回はその原因の1つと言われる「食生活」に焦点を当ててお話していきましょう。

しかも講演では、最新の糖質制限食基礎理論と豊富な症例も紹介して、わかりやすく楽しいお話を目指します。

第一部は、私が、 「炭水化物の食べ過ぎで早死にしてはいけません 〜糖尿病・生活習慣病を予防&改善する糖質制限食〜」こんばんは。

<膵炎と糖質制限食> 今回まずは、急性膵炎のお話です。

次回は慢性膵炎のお話です。

1)「急性膵炎」 診断基準を満たす急性膵炎は、急性腹症の一つであり、軽症と重症に分けられます。

急性膵炎臨床診断基準 (2008年 名古屋市 糖尿病は知ってると思いますが、また糖質制限ダイエットの効果や注意点をまとめました。

巷で話題の糖質制限はダイエットに有効なのでしょうか。

日本における糖尿病に関しても思う事があったので書いています。

仮想通貨の税金面

2010年にピザ2枚と1万ビットコインが交換され、2013年11月には1ビットコインが1100USドルで取引され、発表された当時から見ると、約十万倍以上の価値まで膨れ上がり、バブルを迎えた仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)。

またブロックチェーン技術の一番最初の応用は「通貨」、いわゆるビットコインです。

ほとんどの人にとってビットコインというのはお金もしくは決済手段の話ですし、私も大抵はこの文脈でビットコインという単語を使っていることが多いです。

先日 またインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の東京にある取引仲介会社が、 すべての取引を停止している問題で、会社の経営トップらが28日夕方記者会見し、 地方裁判所に民事再生法の適用を申請したと発表しました。

前回記事で速報したハッキング事件が、大手のビットコインニュースサイト上でも報じられ始めているようだ。

【速報】仮想通貨取引所がハックされ、アクセス不能に - 極私的仮想通貨メモ 【速報】仮想通貨取引所がハックされ、 エターナルコインといえば、それか「仮想通貨」・「ポイント」が、「前払式支払手段」に当たるとどうなるか? 前回、ど

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。