相続対策でお悩みの方必読

尚、購入費用の一部を父Bさんが負担していたことから、その土地については長男Aさんが10分の9、父Bさんが10分の1の割合で共有することとし |  | 相続、遺言、成年後見など、あなたと家族の未来に備える「生前準備」サイト.そしてさて今回は、相続の生前対策に関するお話です。

本年1月より、相続税の基礎控除枠が4割も削減されることになり、多くの人が相続税の課税対象者となる可能性が出て参りました。

実際に相続税を支払わなければならない立場になりますと、 なんと相続が始まってからでも節税できる方法は残されていますが、やはり、生前にできることのほうがはるかに多いのです。

今回は生前にきちんと準備をしたことで、家族の和を乱すことなく、うまく節税までできた例を通して生前対策を紹介します。

毎年改正される税制の中で、個人資産に掛けられる税はその範囲が拡大する傾向です。

次の世代に確実に資産譲渡していくには、生きている間に節税していく方法が有効です。

本稿では相続時精算課税制度の利用方法を、生前贈与と見比べ 生前相続は置いといて、それか相続対策として一時払い終身保険を活用するメリットは以下の4つになります. 納税資金準備(銀行よりも簡単に早くお金が入る。

) 財産評価引き下げ(非課税枠を活用する。

) 遺産分割(保険金を受け取る人を指定できる。

) 生前贈与(個人年金 

このブログ記事について

このページは、thenetminders.comが2015年6月23日 10:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相続放棄申述の有無についての照会」です。

次のブログ記事は「新築物件のリスク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。