生前にどんな「準備」を

相続人は長男と次男の2人で、2人とも大学卒業後に一般企業に就職しました。

この度、長男が海外赴任することなりましたので、長男の海外赴任中に、万一、私の相続が発生した場合の出国税の適用とその対策を教えてください。

だから相続放棄ができるのは、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内です。

この3ヶ月の期間のことを熟慮期間(じゅくりょきかん)といいます。

結論から申し上げれば、3ヶ月の熟慮期間の経過後に相続放棄をすることはできません。

それでは そして氏によるコラム。

相続税負担が重くなる昨今。

生前に次世代等へ財産を移転しておく相続対策がこれまで以上に重要と説く!いつもコラムをご覧いただきありがとうございます。

『家族の絆を守る相続・遺言のプロ』です。

先週の土曜日、行政書士会で行われたソフトボール・グランドゴルフ大会に参加してきました。

グランドゴルフでは、ホールインワン相続 埼玉といえば、それか平成27年1月より、相続税の基礎控除額が従来と比べ、60%減と大幅に下がりました。

これにより、従来は相続税の支払い対象外であった人も、今後は相続税がかかるケースが急増すると予想されます。

そこで、誰にでも用意できる相続税対策 

このブログ記事について

このページは、thenetminders.comが2015年8月 5日 09:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「食後の歯みがきについて」です。

次のブログ記事は「厄払いのお守り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。