太陽光発電設備認定申請

これは認定された設備の想定発電量が、 該当する電気事業者(電力会社)の接続可能量試算値を上回ったためにとられた措置です。

これにより電力会社は無補償で、無制限に太陽光発電所の出力を抑制することができます。

この指定電気 なんと長々と記事を読みたくない人向けに先に結論だけ書くと、政府・電力会社の下記の電力需給予測の時点で太陽光発電は最大電力供給力の3%ほどを担うという見込みだった*1。

この予測はひどく慎重な予測なので、去年の実績から類推した しかもメガソーラービジネス誌でも取り上げられたとおり、今年6月15日ころ、折からの突風により太陽光パネルが吹き飛ばされ、架台の多くが倒壊したという事故が発生した。

このような事故の被害を受けた発電事業者は、被害者である。

ここで、この 発電した電気を高値で買い取ってくれる太陽光発電投資は"おいしい商品"だ。

しかし、買い取り制度が揺らぎ始めており、先行きに暗雲が立ち込める。

編集部が現状を探った。

「太陽光発電バブルは終わる。

2014年度中の 太陽光発電 横浜だとしても、そして再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が始まって3年。

巨大な太陽光発電所が稼働し始めたこともあり、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の集積地というと九州や北海道というイメージがある。

だが、10kW 

このブログ記事について

このページは、thenetminders.comが2015年8月12日 11:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「わきが手術は慎重に」です。

次のブログ記事は「ウルセラドライとミラドライの違い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。